悩ましき朝ごはん

「ドーナツだけの朝ごはん」はダメ? 子どもの朝ごはんについて、こんな記事が話題になっていました。headlines.yahoo.co.jpはてなブックマーク - 子どもの朝ごはんは「3日連続でドーナツ」――今どき母親たちの“トンデモ朝ごはん”に共感の声も (週刊SPA!) -…

グレーテルは妹?

NHK 教育テレビでやっている「グレーテルのかまど」という楽しい番組があります。 www4.nhk.or.jpグリム童話の初代ヘンゼルから数えて十五代目のヘンゼル(瀬戸康史さん)が、姉のグレーテルのために素敵なスイーツを手作りする、という設定で、国内外のさま…

それ、もう三木清が言ってた 〜『三木清 教養論集』から〜

現代の知識階級の悲哀は彼等が次第に自分の本質を失って無識になるつつあるということである。なるほど彼等は物を読む、けれどもそれは彼等の生の不安に原因を有するところの好奇心に刺戟されてのことであり、そういう風にして唯新しいものを漁っていたので…

はたらく女性の深呼吸マガジン「りっすん」さんに、私の転機についての記事を寄稿しました

www.e-aidem.com日々の忙しさにかまけて、ゆっくり自分のことを振り返ることができていなかったのですが、よい機会をいただけました。 ありがとうございます。いつも子ども中心にあれこれ考える癖がついていたのですが、今回はもう一度、軸を自分に置いて考…

文豪・偉人萌え文化と小林多喜二

『文豪とアルケミスト』というオンラインゲームで、小林多喜二をモデルにしたイケメンキャラクターが人気だということで、日本共産党の機関誌「赤旗」がその現象を好意的に取り上げたところ、ゲームのファンたちから「多喜二を政治利用するな」といった批判…

かぶとしめじのホットサラダ

ホットサラダ好きです。 軽く火を通したかぶも大好き。 その2つを合わせてみましたよ。 (1)かぶとしめじを炒める 薄く油を引いたフライパンでしめじを炒めつつ、空いているスペースにくし切りにしたかぶを並べて、かぶの両面に焼き色がつくまで焼いて、…

鱈の白子のふわとろ塩焼き

今が旬の鱈の白子は、塩焼きで食べるのがいちばん好きです。 以前、魚屋さんで教えてもらった白子の下ごしらえの方法と、私がお気に入りの塩焼きのレシピをご紹介。(1)白子のぬるぬるをとる 白子をボウルに入れて、塩を振りかけて、手でぐるぐる~っとか…

春間近の上野動物園に行ってきた

まずはもちろん 私の推しゾウであるところのウタイ嬢。 心配していましたが、あいかわらずのやんちゃ美少女で何より。 冬毛 かたまると、何の動物かわからないくらいのもふもふ加減。 立ち上がるとわかるでしょうか。 ……立ち上がってもあまり変わらなかった…

Ring-Bong「逢坂~めぐりのめあて~」@下北沢シアター711

文学座の山谷典子が主催する演劇ユニット・Ring-Bongの第7回講演「逢坂~めぐりのめあて~」を観てきました。 山谷は中学以来の友人なので、敬称略で失敬。同じ坂を登って学校へ向かっていた一人の少女と二人の少年(安田素子(山谷典子)、柴崎敏之(亀田佳…

「幕末グルメ ブシメシ!」と酒井伴四郎

BSプレミアムでやっているドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」を、子供と一緒に楽しみに見ています。 www.nhk.or.jp参勤交代で単身、江戸にやってきた若き下級武士・酒田伴四郎と、彼を取り巻く人たちが繰り広げるてんやわんやの人情グルメドラマです。原作は土…

差別や偏見そのものについての議論と、差別や偏見とつきあいながら実務上の合意を形成するための議論とを、同時に進めるのはむずかしい

長いタイトルで結論を書いてしまいました。 千葉市が男性保育士活躍推進プランを策定したことに関する熊谷千葉市長のツイートに端を発した議論を見ていて考えたことです。男性保育士の女児担当外しは性差別? 熊谷俊人・千葉市長の発言で議論 「男性保育士に…

お天気雪とシュウマイ

日曜日の昼ごろ、習い事帰りの子供と散歩していたら、細かい白いものがはらはらと降ってきました。 「灰?」 「どこかで何か燃やしてる?」 見上げると、よく晴れた空から、白いものが次々と降ってきます。 コートの袖についたものを指でつまむと、すっと溶…

「ミニ腸」と「ら抜き」

ES細胞から「ミニ腸」 www.ncchd.go.jp JCI Insight - A xenogeneic-free system generating functional human gut organoids from pluripotent stem cells生体の腸のように蠕動運動をして、しかも吸収能や分泌能ももつ小さな腸を、ヒトのES細胞やiPS…

土井善晴「一汁一菜でよいという提案」

NHKきょうの料理などのテレビ番組、そしてさまざまな雑誌や本でおなじみの料理研究家、土井善晴さん。私が最初に土井さんのファンになったのは、黒豆のレシピでした。そう、熱い煮汁に黒豆を入れて一晩戻し、それから煮含めるという、かの有名な「失敗しない…

今年もよろしくお願いいたします

去年はおととしにくらべて3つ多くブログ記事を書けたようです。 つぶやきのような記事ばかりだったにもかかわらず、読みに来てくださった皆さんに心より感謝申し上げます。今年も同じようなつぶやき記事が多くなると思いますが、もう少し更新頻度は上げてい…

「この世界の片隅に」を見た

涙腺の緩い私はきっと上映中に泣くことになるのだろうと思っていたが、予想に反して、上映中には涙は流れなかった。 涙は、劇場が明るくなって私の日常が戻ってきた瞬間に、とめどなく溢れ出てきた。喜びも不満も倦怠もときめきも恐怖もすべてひっくるめて、…

秋から冬へ

Stylus 1sとお散歩。

ここのところ気に入っている台所道具

料理クラスタの方には「今さらかよ!」というものばかりなのですが、自分で使ってみて感動したのでご報告です。 おひつ 夫の帰りが遅いので、ご飯は炊飯器で炊いてそのまま保温しておくというやり方が定着していたのですが、保温したままのご飯はどうしても…

ベルマークをなくしさえすればPTA活動はラクになるか

PTAのムダや非効率性を指摘するときに、必ずと言っていいほどやり玉に挙げられるベルマーク活動。たとえばこの記事でも、 仕事量が多いことや、手間がかかるわりに成果が小さい活動が多いことも、働く親にとって負担と感じられます(例・ベルマーク活動)…

島根半島ぐるり一周の旅(三日目)

前回の投稿からずいぶん間が空いてしまいましたが、ようやく最終日です。旅の一日目はこちら blog.ihatovo.com旅の二日目はこちら blog.ihatovo.com三日目、最終日は、玉造温泉を出発して松江城をめぐり、米子鬼太郎空港から東京へ帰ってきました。 松江城 …

島根半島ぐるり一周の旅(二日目)

旅の一日目はこちら。 blog.ihatovo.com 二日目は、美保関灯台→出雲大社→日御碕→玉造温泉とめぐりました。 美保館の朝 旅行二日目の朝は、目の前の港で水揚げ作業が行われている活気ある物音で目が覚めました。 朝食は、明治時代から 残る本館でいただきます…

島根半島ぐるり一周の旅(一日目)

旅の始まり 3月の終わり、二泊三日でのんびり島根半島を一周してきました。 きっかけは、水木しげるさんと荒俣宏さんという最強コンビが出雲を巡る、異色の(異世界の?)旅番組「水木しげる93歳の探検記~妖怪と暮らした出雲国~/山陰放送」を見たことです…

桜散歩

東京では、明日、3月21日が桜の開花予想日です。 近所の桜(ソメイヨシノ)はどんな感じかな? と見に行ってみました。 だいぶ芽がふくらんできてますね。 木によっては、ちらほら花が咲きかけている枝も。今日も暖かかったので、明日になったら、また一…

紙の日記をつけ始めた

1月も20日を過ぎたところで、あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 気がつけば、子供もこの春から小学校4年生。 小学生の親を3年間やってみて、予想よりはるかに多くの貴重な経験をすることができています。 仕事と親…

この夏、子供と見に行ったお芝居2つ

私が子供のころから親しんでいる繁華街が池袋なのですが、池袋のある豊島区は演劇の街でもあります*1。そんな池袋で、子供向けの楽しいお芝居を2つ見てきましたよ。 子供のためのシェイクスピア 「ロミオとジュリエット」@あうるすぽっと 子供のためのシェ…

「小1の壁」についての個人的経験

ここのところ私以上にスプラトゥーンにハマってる畏友 id:kobeni_08 が、「結局、『壁は塗って登る』言いたいだけちゃうんかーい」という素敵な記事 next.rikunabi.com を書いていたので、子供がもう小学校3年生になった私も、ちょっと「小1の壁*1」につい…

岸政彦「断片的なものの社会学」

断片的なものの社会学作者: 岸政彦出版社/メーカー: 朝日出版社発売日: 2015/05/30メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (13件) を見る 朝日出版社第二編集部ブログの連載を楽しみに読んでいました。その連載の内容に、いくつかの書き下ろ…

WordPressからはてなブログに引っ越しました

これまでWordPressで運用してきた本ブログですが、管理がめんどうになってきたため、はてなブログさんのお世話になることにしました。 はてなダイアリーからWordPressに移ったものの、結局またはてなさんに出戻ってまいりました。 過去の個別記事のURL等が変…

ランペドゥーザ島の海綿

昨夜、NHKで放送されていた『地球イチバン「世界一透明すぎる海の秘密~イタリア・ランペドゥーザ島~」』という番組を見て以来、ずっと海綿のことを考えている。 ランペドゥーザ島は、イタリアの南の端、アフリカにとても近いところにある。海が透明すぎて…

明けましておめでとうございます

昨年一年は、例年にも増してあっというまに過ぎ去ったように思います。 公私にわたって大変お世話になり、ありがとうございました。 今年は、弁理士としては3年目、知財の仕事をするようになってからは8年目。仕事の幅を広げ、新しいことにも臆せず挑戦して…

新しいiPhoneとApple Watch

9月9日に新しいiPhone(iPhone 6とiPhone 6 plus)、そしてApple Watchが発表された。 新しいiPhoneについては、サイズが大きくなったこと(特に6 plusはデカい!)以外にさほど大きな驚きはなく、Apple Watchの方がおもしろそうに思えた。 さて、どうするか…

『花子とアン』の時代の翻訳にまつわる著作権事情

もらった本を気楽に翻訳して出版する花子、それでよかったの? NHKで放映中の朝の連続テレビ小説『花子とアン』は、タイトルのとおり、『赤毛のアン』の翻訳者として知られる村岡花子氏の生涯を題材としたドラマです。 先週、ついに花子が『赤毛のアン』の原…

『アナと雪の女王』と『マレフィセント』感想(ネタバレあり)

『アナと雪の女王』 音楽も映像も美しくていい映画だった。 ストーリー展開に無理があるというような趣旨の批判も見かけたが、そもそもミュージカルやオペラは、荒唐無稽な筋立てと、美しい歌や音楽と、その間に揺曳する真実の感情のひらめきとを楽しむもの…

都議会におけるセクハラ発言について

東京都議会で、塩村文夏議員が女性の妊娠・出産を巡る都の支援体制についての質問をしていた際に、「早く結婚しろよ」「子供もいないのに」などのヤジを受けたそうである。 都議会:セクハラやじ 女性議員に「早く結婚しろ」 - 毎日新聞 複数の議員がこのヤジ…

一泊二日 鴨川シーワールドといちご狩りツアー

消費税増税前の3月末、なんとか仕事にメドをつけ、ぽかぽか陽気の鴨川へ、ふらっと家族旅行に行ってきました。 世間の皆さまが職場でお昼休みの間、海ほたるから見渡す海はなんと美しい。 宿泊先は、鴨川シーワールドに隣接するオフィシャルホテル「鴨川シー…

STAP細胞と特許

STAP細胞の話題に関連して、東京大学の伊東乾先生が、以下のようなツイートをしていらっしゃいました。 http://twitter.com/itokenstein/status/458170118107697152 http://twitter.com/itokenstein/status/458175567733354496 伊東先生が気になっていらっし…

最近見ている特撮とか漫画とかについてだらだらと語るよ

スーパーヒーロータイム(日曜朝の特撮) もはやわが家では私くらいしか見ていないスーパーヒーロータイム。 まずは『仮面ライダー鎧武』だ。 フルーツのライダーって何だよ、うわホントにオレンジかぶって変身してるよ、とドン引きしながら見始めたものの、…

理想と現実と

理想を思い描いてそれを叶えようと努力していくことは、よくある人間の営みのひとつにすぎない。 けれど、それは決して簡単な作業ではないし、理想を高く保てば保つほど、陥りやすい危険もたくさんあるのだな、と当たり前のようなことを改めて考えた一週間だ…

今週の気になった話題(2014年2月23日〜2014年3月1日)

今週、気になった話題いくつか。 下から7割の人のための理科&算数教育 - Chikirinの日記 下から7割の人のための理科&算数教育 - Chikirinの日記 ちきりんさんが書かれた「理科教育」についての提言で、インターネット上で賛否両論かまびすしかった話題です…

続・Twitterのコンテンツの利用について

前回のエントリのあと、事態に少し変化があったようである。 まず、株式会社ユーメイドから、具体的な経緯の説明とお詫びが発表された。 それによると、ユーメイド社は、事前にツイッター社に企画趣旨と発刊可否の確認をメールで問い合わせており、それに対…

Twitterのコンテンツの利用について-「アホ男子かるた」の話-

Twitter上に投稿されたツイート(つぶやき)に漫画をつけてまとめた書籍「アホ男子かるた」が、無断転載であるとして、ネット上で騒動になっていた。 TwitterのようなSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を初めとして、インターネット上には、独創的…

あけましておめでとうございます

私がウェブ日記(ブログ)を書き始めたのは、記録を見る限り、巳年の2001年だったようです。 それから干支を一回りして、さらに1年めの午年を、ぶじ迎えることができました。 ずっと読んでくださっているみなさん、最近読み始めてくださったみなさん、ほんと…

『かぐや姫の物語』を観てきた(ネタばれあり)

期待を裏切らない、美しい映画だった。 ストーリーをごく短く要約しようとすれば、「竹取物語」そのものになるだろう。 しかし、かぐや姫という女性の感情が躍動的に、かつこまやかに描かれているため、まったく違う物語に見えた。 この映画のキャッチコピー…

1日1ページ手帳

種類も豊富になって、じわじわと人気が出ている1日1ページ手帳。私も愛用しています。 たっぷり書けるので、ネット上に公開するほどでもないこと・公開できないことなどをダラダラ記録したり、出先での時間つぶしに子供にいたずら書きをさせたりして使ってい…

"Apple ID保護のためパスワードのリセットが必要です"というメールについて

「Apple ID保護のためパスワードのリセットが必要です」という件名のメールを受信してビックリされている方も多いようだが、私のところにも、昨夜、同様のメールが届いた。 最初は悪質な迷惑メールだと思っていたのだけど、調べてみた結果、たぶんこういうこ…

ニュースから原著論文を探す方法

サイエンス関連のニュース記事には、原著論文の紹介やリンクがないことが多いです。 しかし、もっと詳しい内容を知りたいときや、記事の内容に疑問をもったときなど、もとの論文を見ておきたいと思うこともあるかもしれません。 原著論文は、意外と簡単に探…

近況

初めての夏休み 子供が小学校に上がって、初めての夏休みでした。 保育園時代は、夏休み期間といっても特に生活スタイルが変わることもなく、親が休暇を取る数日で旅行に行く、という淡々とした夏を過ごしていました。小学校の夏はどうなるんだろうと思って…

J-WORLD TOKYO(ジェイワールド東京)へ行ってきた

7月にオープンした、週刊少年ジャンプの作品がテーマの屋内型テーマパーク「J-WORLD TOKYO」に子供と行ってきました。 「ONE PIECE」「ドラゴンボール」「NARUTO-ナルト-」が中心になっていて、これらの作品のファンにはたまらない(であろう)世界が広がっ…

こびとづかんと妖怪と「簪を挿した蛇」

「こびとづかん」という絵本がある。 身近なところに住んでいる(かもしれない)、バラエティ豊かでユニークなこびとたちの生態を描いた絵本で、2006年に出版されて以来、子供たちを中心に大好評を博し、関連書籍やゲームソフトなども販売されている。 「な…

弁理士の日記念企画:ワークライフバランスのとり方

ドクガクさんのブログで、毎年7月1日の弁理士の日に行われているテーマブログ企画。 今年は「ワークライフバランスのとり方」というお題をいただきました。 弁理士の仕事には期限が厳密に決まっているものが多く、期限が立て込んでくると(だいたいいつも立…