Mastodon Mastodon

「おかあさんになってから」

f:id:pollyanna:20180205201603j:image

絵本作家ののぶみさんが作詞した、『あたしおかあさんだから』という歌が炎上している。

母親の子育ての我慢を歌った『 #あたしおかあさんだから 』が物議を醸す→対抗して #あたしおかあさんだけど にメッセージが集まる - Togetter

 

国語の読解的に考えれば炎上した理由は単純だ。

 

この歌は、「眠いまま朝5時に起きる」とか「大好きなおかずを(子供に)あげる」とか「あたしよりあなたのことばかり」とか、“我慢” と言い換えられそうなことの理由をすべて、「あたしおかあさんだから」にしている。*1

 

「あたしおかあさんだから」というのは、「おかあさんとはこうする立場の人だから」という意味以外には読み取りにくい。

つまり、この歌は、「おかあさん」というものは子供のために自分のしたいことを我慢する人である、という定義を無批判に(むしろ肯定的に)歌い上げちゃってる、ということになる。

 

そりゃ炎上必至だよね、ということだ。

 

それでは、カウンターとしてtwitterで盛り上がったように「#あたしおかあさんだけど」と言い換えればそれで済むのかといえば、それもピンとこない。

このハッシュタグのもとに並んだ主張を見ると、こんなにたくさんの人たちが「『おかあさんがするはずの行動』から外れていそうなこと」を共有しているのか、と思わざるを得ない。

 

「あたしおかあさんだから」も「あたしおかあさんだけど」も、結局は、『おかあさんがするはずの行動』を決めつけていることにおいては、まったく同じなのである。*2

 

「あたしおかあさんだから」に反発する人がいるように、「あたしおかあさんだけど」にも反発する人はいるはずだ。

たとえば、私が「あたしおかあさんだけど、弁理士の資格を取ったの」と言ったらどうだろう。自分で書いていても、鼻持ちならない感じがする。

 

そうではなくて、「あたしがおかあさんになってから」どう変化したのか(あるいはしなかったのか)を歌うのであれば、ずいぶんと印象は違ったのではないだろうか。

 

おかあさんになってから、もう卒業したと思っていたヒーロー物に再びハマった。

おかあさんになってから、飲み会には出かけなくなったけど、家飲みが楽しくなった。

 

こんな感じでいくのであれば、おとうさんになった人も、おかあさん・おとうさんにならなかった人も、その人の今をありのままに歌うことができる。

 

そうやってそれぞれの人が、ありのままの今を、何かのせいにすることなく歌うことができるようになれば、きっと「おかあさんだから」vs.「おかあさんだけど」の争いなんて必要なくなるんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

*1:実際、「もしおかあさんになる前に戻れたら......自分のために服買うの」と言っているし、やっぱりこれは自分が本来したかったことを “我慢” していることを歌っていると読むのが順当だろう。

*2:もちろん、「これがおかあさんというものだ」という決めつけを否定するための「あたしおかあさんだけど」であることは理解するが、その意図を伝えるには、「あたしおかあさんだけど」だけでは不十分だと思う。言葉が足りない。