Mastodon Mastodon

マストドンのおひとりさまインスタンスを作ってみた

今年の前半に、わっと盛り上がっ(てあっという間に落ち着い)たマストドン。
Twitterライクな見た目のSNSですが、何がすごいかというと、誰でも自分のマストドンサーバ(インスタンス)を建てて、自分で運用することができるところです。

しばらくは、mstdn.jpという日本最大のインスタンスなどにアカウントを作って楽しんでいたのですが、自分のインスタンスを作るってどんな感じだろうという興味には勝てず、ついに作ってしまいました。

marivron.com

ユーザは私しか登録していない、完全「おひとりさま」インスタンスです。
よければリモートフォローしてください。

で、自分のインスタンスを作ってみてどんな感じかというと、正直、それほど大きな驚きや感激はないです。
でも、しみじみと自由です。

ヘイトスピーチや誹謗中傷、攻撃的な内容が含まれる投稿によって、他人の権利を侵害しないように努める責任が私にあるのは当然のことですが、少なくとも、自分のルール(自分が納得したルール)で発言できるという意味では、とても自由で安心できるなと思っています。

わざわざ自分でインスタンスを運用するのはめんどくさいという人でも、自分が納得できる方針で運用されているインスタンスを自由に選んでアカウントを作れば良いのが、マストドンのいいところ。(別のインスタンスに所属しているユーザでも「リモートフォロー」すれば、そのユーザの投稿を追うことができます)

細かい使い勝手でいうと、1つの投稿ごとに、「公開」「非公開」を設定することができるのも便利です。
アカウント自体は基本的に公開にしておくけど、あまり拡散されたくない内容はフォロワーだけに見えるようにする、ということができるんですね。
もちろん、アカウント全体を非公開にして、フォロワーは手動で承認することもできます。

また、タイムラインは完全に時系列で、広告も入りません。
シンプルなタイムラインというのは、想像以上にストレスフリーです。

というわけで、今さらかよ、と思う方でも、ぜひマストドン、使ってみてくださいな。