読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻の有事に備えて、必要なもの

NBonlineに、こんな記事が載っていた。

家事や育児は夫婦で代替可能にしておき、日頃のノウハウを共有


要は、家事育児の分担が妻に偏りすぎていると、妻に何かあったとき、夫は慌てふためくことになる。だから、普段からノウハウを共有しておけ、という主旨。一理ある。


ちょっと前までの私であれば、「そら見ろ、ほれ見ろ。だから、普段からちゃんと料理くらいはできるようになってないといーけないんだ、いけないんだ」と、鬼の首でも取ったかのように夫にイヤミを言ったであろう。

というか、実際、言おうと思いつつ、この記事を読み進めていたことを白状する。


ところがぎっちょん。

私が長期入院したり、この世からいなくなったりしたときのことを、あらためて想像してみると、意外にもそれほど不安にはならなかった。


まあ最初は大変だろうと思う。

うちの親やら夫の親などに頼りまくることだろうし、ファミレスも、市販の弁当も大活躍するだろう。

でもきっとそのうち、カレーをつくり、肉じゃがをつくり、シチューをつくり(←全部同じ材料でできる)、数少ないレパートリーのひとつであるところの、かぶと鶏肉だんごのスープをつくり、なんだかんだで、いろいろつくれるようにはなるだろう。


育児と仕事の両立だって、そのときが来れば、ああだこうだ悩みながら、娘と一緒に夫なりのやり方を見つけていくだろう。


だから、家事や育児のノウハウを完全に共有できていなくても、私は安心して死ねるよ。

夫が何とかしてくれると、信じているから。


家庭の有事に備えて、一番重要なことは、実務上の引き継ぎが全然できていなくても、この人ならなんとかしてくれる、と信じられる人がいることではないかと思う。

なんとかする方は大変だろうから、そのためにノウハウを放出することにはやぶさかではないものの、「何かあったらどうすんの!!」と脅してまで夫を「教育」する必要性は、今のところ感じない。


これまで、夫に家事育児をもっとやってほしい、とやきもきしていたのは、「私ばっかりで不公平」という思いもあったけれど(それが妥当な思いかどうかはともかく)、「安心して後を任せられるよう、信じさせてほしい」という思いも大きかった。

(「もしも私に何かあったら・・・」と考えたことのない母親はいないだろう)

夫は夫で、どうして自分を信じてくれないんだ、と思っていただろう。


娘が生まれて2年半。

その間に夫も変化してくれたし、夫を信じることの薄かった私も、ようやく夫を信じられるようになってきた。

今まで、丸ごと信じてあげられなくて、ごめんね。そしてありがとう。


以上、のろけでした。


注1:この週末に私が風邪と頭痛でぶっ倒れており、その上今日も飲みに行くため夫に頼りまくっているから、夫を持ち上げている、というわけでは決してない。かもしれない。

注2:もちろん、ほんとうになーんにもしない/できない夫さんの場合は、家事育児のやり方をある程度まで共有しておかないと、大変だと思う。