Mastodon Mastodon

考え事

ほぼ日刊イトイ新聞、「今日のダーリン」で、糸井さんが書かれていた。


日本の数多くの働く男たちは、

「(ずいぶん楽な)仕事」という逃げ場で、

ほとんどの時間を過ごしているのかもしれない。

ぼく自身の人生も、あとで振り返ったら、

仕事という逃げ場で、汗をかいたり歯を食いしばったり、

そんなふうなことで費やしている時間が、

ものすごく多かった、と気付くんだろうなぁ。


いえいえ。これはいつものような「ほら、だから男性も家に目を向けなさいよぅ」という論旨ではありませぬ。

(それもちょっとはあるけど☆)


ある意味「男性的」に学び、働いてきた自分のことを思ったのでした。

この引用の前に、ご家族が入院中のご友人の言葉として、


自ら臨まない経験のほうが、結果、

自分の力をつけることになるんだなぁと、

身にしみます


とあったからです。


育児そのものは「自ら臨んだ」経験ですが、心の準備ができていなかったできごともしばしば降り掛かります。

そして、やがて直面するだろう介護のこと。

これまで無邪気に「男性並に」学び、働いてきたときには考えもしなかったことに、思いを馳せるようになりました。


研究や仕事に打ち込んだ経験があり、しかもその経験が浅い私には、「自ら臨んだ」経験がすべてDivertissmentであると、パスカルのように言い切ることはできません。

でも、「自ら臨まない」経験にこそある何かに、少しずつ気づくようになってきました。


いらだつときは、何に対していらだつのか。

ほしかったものが手に入らなかったとき、それはどうしてほしかったのか。


いつでも、自分の情動の奥にあるものを見抜けるようになりたいと思います。


実利に直接結びつかない学問に意味があるとすれば、「自ら臨まない」経験に対する処し方を助けることではないでしょうか。

コントロールしがたい情動に光を当てることも、哲学としての科学の意味であると思います。


註:「臨む」について

メールでもご指摘をいただきましたが、「自ら臨む」の「のぞむ」は「望む」の誤変換ではないか、と思われている方も多いのではないでしょうか。


「自ら臨まない」は、もとの糸井重里さんの記事そのままを引用しています。

私も最初は「あれ?」と思ったのですが、あえて同じ表記を使いました。

「自ら相対する」という意味で、この漢字を用いたのかもしれない、と考え直したからです。


国語辞書を見ると、向かい合う、面する、対する、出席・参加する、といったことばで置き換えられているので、あながち突拍子もない使い方でもないのかもしれない、と考えましたが、国語のプロではないので、私の解釈は間違っているかもしれません。