Mastodon Mastodon

熱帯夜の惨劇

このところの異常なまでに暑い夜は、人の理性を奪う。

これは、そんな夜に起きた事件である。


昨夜、実験を終えた私は、疲れた足をひきずりながら帰途についた。

11時を回っていた。


本郷三丁目の交差点にさしかかると、前方にはやたらと機嫌のよいオジサマの集団が。

どうやら暑気払いに一杯やっていたとみえる。

アルコールなどという不謹慎な液体は一滴も入っていない私は、タメ息をつきながら、その集団を追い越そうとした。


そのときである。

ひとりのオジサマの臀部付近から、神をも恐れぬ爆音が連続で発せられたのは。

おまけにその御仁の体格はなかなかよろしめであるため、音響には実に迫力のあるヴィブラートがかかっている。


呆然としている私をよそに、同僚諸氏はゲラゲラ笑っている。

ウケたのに気をよくして、紳士はさらにもう一発、力をこめて放った。

・・・誰もリクエストしていないってば。

みなさんは前を向いているからよいが、風下にいるほうの身にもなっていただきたい。


もしかしたら、と息を詰めて彼らを追い越しながら、私は思った。

歩きタバコをする連中に同じ経験をカマしてやり、テメーらのやっていることはこれと同じだ、と言ってやったら、説得力があるかもしれない。


背後では、オジサマたちがまだバカ笑いしている。

「あ~あ。俺、トイレ行きたくなっちゃったア」

などと高らかに叫んでいる殿方も。


まこと、熱帯夜とは人の品性を失わせるものである。