この半年くらいに読んで印象に残った本 - 似ていることと違うこと

『アフター・ヨーロッパ - ポピュリズムという妖怪にどう向き合うか』(イワン・クラステフ 庄司克宏・監訳) 『塩を食う女たち - 聞書・北米の黒人女性』(藤本和子) 『82年生まれ、キム・ジヨン』(チョ・ナムジュ 訳・斎藤真理子) 『アイデンティティ…

なつやすみのおもいで

子供が中学生になって最初の夏休み。 子供は、部活、合宿、お友達と遊園地、カラオケ、お菓子作り、本屋さん巡り、図書館で宿題、と気ままに過ごしていました。 宿題は、チェックリストの進捗を見る限りはマイペースで着々と進めているようです。私は勤め人…

「本当の気持ち」

NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』を、毎朝楽しく見ている。 なんと言っても、ここのところ、ドラマは大きな展開を迎えているのだ。ついにアニメーターになりたいという決意を固めた主人公・なつ。 幼いころから自分を引き取って育ててくれた柴田家の家族に…

GRIIIがやってきた

うふふふふふ。 たてもの マクロでつつじ。 マクロで水滴。 マクロで撮ってさらに拡大した苔。 シャッタースピード落としてみて手持ちで。上野にお散歩も行ってみた。 たのしい。

ブログをサボっていた2ヶ月間を振り返る

いやー忙しかった。 何がそんなに忙しかったかというと、 ・子供の小学校卒業(PTA卒業対策委員長として) ・子供の中学校入学準備 ・自営していた事務所をたたむ ・就職準備 ・子供の中学校入学 ・自分の就職 を全部、この2か月間でやったのでした。 小学…

さよなら白糸

理学部2号館で過ごした学生・院生時代にさんざんお世話になった、本郷の「やきとり白糸」。 残念極まりないことに、来月20日に閉店とのことです。先日、とある先生の音頭で、白糸閉店を惜しむメンバーが数十人集結し、私もその末席に連なることができました…

来月には卒業?!

アアアアアッというまに2月も半ば。ということはあと半月ほどで3月。 つまり、いま小学校6年生の子供は、もうすぐ小学校を卒業してしまうということになります。早っ……! と思ったけど、いや、でもそれほど早くもないかな、と思ってみたり。 どうも最近まで…