読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春間近の上野動物園に行ってきた

まずはもちろん

私の推しゾウであるところのウタイ嬢。
f:id:pollyanna:20170212130139j:plain
心配していましたが、あいかわらずのやんちゃ美少女で何より。

冬毛

f:id:pollyanna:20170212125622j:plain
かたまると、何の動物かわからないくらいのもふもふ加減。
立ち上がるとわかるでしょうか。
f:id:pollyanna:20170212125816j:plain
……立ち上がってもあまり変わらなかった。
プレーリードッグ(オグロプレーリードッグ)です。

プレーリードッグの冬毛はとんでもなくもふもふ。
まだ見ていない方は、春になる前にぜひ。

ついつい見入ってしまう

いつ行っても長いこと見入ってしまうニホンザル。
しぐさがヒトを連想させるからなのか、ヒトと同じようで違うところが気になるのか。

f:id:pollyanna:20170212130718j:plain
キリッとしてるやつ。


f:id:pollyanna:20170212130945j:plain
どうかと思うほどくつろぎすぎのやつ。


f:id:pollyanna:20170212131255j:plain
人待ち顔(サル待ち顔)のやつ。

ほかのお客さんたちも、サル山の前ではかなりゆっくり時間をとっている気がします。

圧倒的迫力

オナガザル科のニホンザルには親近感をおぼえますが、私たちと同じヒト科のゴリラには、親近感というより畏敬の念をおぼえます。

f:id:pollyanna:20170212150034j:plain
見よ、この迫力。

f:id:pollyanna:20170212150135j:plain
放尿中でも隙のないシルバーバック。
……かっこいい……。

とりどり

東園からいそっぷ橋を渡って西園へ。
西園には不忍池があるので、いろんな鳥が自由にそのへんを飛び回っています。

f:id:pollyanna:20170212134156j:plain
都民の鳥、ユリカモメ。


ちなみに西園にある売店、カフェ・カメレオンのテントの下から見上げると、
f:id:pollyanna:20170212133231j:plain
ちょっと可愛いシルエットを見ることができます。


今日は鵜も来ていました。
f:id:pollyanna:20170212140255j:plain
光沢が美しいですね。鵜の濡れ羽色。


自由に飛び回っているわけではないけど、西園のアイドルといえば、ハシビロコウさん。
f:id:pollyanna:20170212141406j:plain
今日もイケメン……と思ったら……!

f:id:pollyanna:20170212141411j:plain
目! 目がコワい!
これは瞬膜といって、まぶたとは別に眼球を保護する役割の膜です。
ハシビロコウさんを根気よくじっと見ていると、瞬膜をしぱっとするところが見られるかも。

子ども向けの説明とはいえ

西園には、馬や牛、ヤギやヒツジなどのいる子ども動物園もあります。
今は工事中だったり、冬の感染症対策などであまり動物と触れ合うことはできませんが、日本の在来馬を4種類ほど見ることができたりして、なかなか楽しいです。

ラマとアルパカを一緒に見られたりもします。
違いは……?


f:id:pollyanna:20170212143656j:plain
ふむふむ。ラマさんは「荷物の運搬・毛をとる」。

f:id:pollyanna:20170212143719j:plain
そしてアルパカさんは……「毛をとる」
お、おう。ちょっと端的すぎる説明のような気もしますが。

ちなみに、「しろくまカフェ」のファンの方であれば歌でおぼえているかも。
どちらもラクダ科ですが、ラマさんはラマ属、アルパカさんはビクーニャ属、で属が違うのでしたね。

ちょっとさびしい

上野動物園の入場口近くにある子ども遊園地。
うちの子がまだうんと小さかったときからよく行っていましたが、ついになくなってしまいました。
f:id:pollyanna:20170212124810j:plain

パンダ焼きで有名な桜木亭も閉店。
www.itmedia.co.jp

再開発の計画があるようですが、ちょっと(というかかなり)さびしいです。

上野公園内はどんどん再開発が進んでいて、日々様相を変えています。
子どもの子どもの世代には、今とは違う思い出の場所になっているのかもしれませんね。