読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわき一泊二日の旅〜ニ日目 アクアマリンふくしまと海の幸〜

 5月12日。小雨がちな前日とうってかわって、快晴の朝!

 ついに、念願のアクアマリンふくしまへやってきました。

IMG_2020

 私たちのこれまでの行いの良さがしのばれる、この青空。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 朝イチで開館を待つ、この気持ちがたまりません。

 私が「アクアマリンふくしまに行ってみたいなあ」と思うきっかけになったのが、たとえば以下の記事。こんな素敵な記事を紹介すると、これから先の私の記事を読んでもらえなくなるかもしれないのですが、あえて紹介しとくと、アクアマリンふくしまは、こんなに素敵な水族館です。

 アクアマリンふくしまへ行ってきた

 海の宝石のような水族館「アクアマリンふくしま」に行ってきた

 水族館合宿 アクアマリンふくしま - tetzlgraph てつるぐらふ

 アクアマリンふくしま 合宿第2日

 アクアマリンふくしまへ行ってきました - うさうさメモ

 アクアマリンふくしまの魅力は、生き物が、どんなふうな歴史をたどり、どんなふうな場所で、どんなふうにして、今、私達人間とここに生きているのか、ということを、鮮烈に見せてくれていることにあるのだと私は思いました。

 

 入館してすぐ迎えてくれる、古代からの生き物たち

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 そして、今もなお、日本やアジアや世界の、さまざまな水圏で身近な生き物たち

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 こんにちはこんにちは。

 IMG_2031

 トド〜ん!

 メレ子さんは、アクアマリンふくしまを「海の宝石のよう」と表現されました。

 IMG_2026

 私の写真ではとうてい表現しきれていませんが、その中でも、息を呑むほど美しかった、潮目の水槽。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 絶滅に瀕している、ニホンウナギの稚魚。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 豊年だ、豊年だ、と、暗夜行路の時任謙作はこの光景を見て叫ぶべきだったのではないか。

 IMG_2032

 なんて美しいアオリイカ

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ミズダコさんのことも忘れてないよ。

 地上の草木と、それらと水中とををつなぐ水辺の生き物と、浅い海、深い海、しょっぱい水、しょっぱくない水、さまざまな水の中に棲む生き物たちと。

 どれだけたくさんの生き物たちが、それぞれの場所で生きていることによって、この世界が成り立っているのだろうと思わずにはいられません。

 逆に、これらの生き物たちのうち、どれかがいなくなってしまうということの意味は、どれほどのものだろうと思います。

 

 そんなことを考えつつ、でも、タッチプールに放たれているヒトデたちをみると、ついついひっくり返さずにはいられません。

 IMG_2034

 だって……だって……ヒトデって、ひっくりかえすと、みんなもとの姿勢に戻ろうとして「うにょ〜〜〜〜ん」ってなるのが楽しいんですもの! (共犯者はtetzlさんです)

 そして、我々人間は、生き物を食べることなくして生きていくことはできません。

 アクアマリンふくしまでは、それもしっかり体験することができます。

 IMG_2037 

 アジ、釣るよ!

 IMG_2038

 さばいてもらうよ! (小1「さっきのエサのオキアミが、おなかから出てきた!」)

 IMG_2042

 IMG_2043

 揚げてもらって、食べるよ!

 おなかいっぱいになって、蛇の目ビーチで駆けまわり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 大人は(=私は)ちょいと(?)ビールなどいただき

 IMG_2047

 大満足で帰ってきました。

 子供にもいろいろご配慮くださった同行者の皆さんのおかげで、ほんとうに楽しい二日間でした。ありがとうございます!

 また近いうちに行きたいなー。