読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦

長い前振り

 幼児の親ならたいてい通る道ではありますが、ご多分にもれず、わたしもニチアサ(=日曜朝テレビ朝日系列)特撮番組にハマっております。

 もともと小さいころにも、いわゆる戦隊モノや、宇宙刑事ギャバンなどのメタルヒーローものをよく見ていましたが、子供といっしょに特撮番組を見ているうちに、ヒーロー魂がよみがえったようです。

 ちなみにわたしは1976年うまれ。ゴレンジャー、ジャッカー、バトルフィーバーあたりは記憶になく、デンジマンはうっすらとおぼえているくらい、サンバルカンは大好きでした(変身後のバルイーグルが)。チェンジマンくらいまで、断続的に記憶があります。

 さて、時は流れ。

 今年のスーパー戦隊は、「海賊戦隊ゴーカイジャー」! 歴代のスーパー戦隊ヒーローの魂を受け継いで、いろんなヒーローに変身できるという、チート中のチート的なヒーロー&ヒロインたちです。

 そして、おそらくは東映さんの狙いどおり、親世代としてのハートを打ち抜かれ、毎週毎週、楽しみに視聴しているところです。(もちろん仮面ライダーオーズもね)

 4月にはシアターGロッソのヒーローショーを家族で見に行き、さらに気持ちが盛り上がっているところに、やってきました! 映画「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」!!

見にいってきました

 てなわけで、劇場版ゴーカイジャーを見に行ってきました。

 ……しかも、初日舞台挨拶の回に。

 映画は、鳥肌が立つほどすばらしいものでした。

 地球を守る義理も使命ももたず、宇宙最大のお宝を探すことだけが目当ての「宇宙海賊」ゴーカイジャーと、過去34戦隊の正義のヒーロー、スーパー戦隊に倒されてきた悪役たち、そしてスーパー戦隊を見守ってきた子供と大人たちの物語です。

 アカレンジャー誠直也さん、ビッグワンの宮内洋さん、デンジブルーの大葉健二さんなど、なつかしい俳優さんたちもたくさん出演していらっしゃいます。大葉さん、素敵でした!!

 そして、最終決戦で巨大ロボが集結するときのエピソードには、不覚にも涙が(暴露しちゃうと、夫も)。

 80分間という、子供向けとしては長尺の映画でしたが、映画初体験の5歳児も、集中して最後まで見入っていました。

 映画の終わりには会場から拍手が沸き起こっていました。

 

 さて、上映前には、キャスト5人の皆さんが、舞台に姿を現してくれました。

 マーベラス(ゴーカイレッド)役の小澤亮太さん、ジョー(ゴーカイブルー)役の山田裕貴さん、ルカ(ゴーカイイエロー)役の市道真央さん、ハカセ(ゴーカイグリーン)役の清水一希さん、そして、アイム(ゴーカイピンク)役の小池唯さん。

 劇中の衣装ではなく普段着だったので、役の印象とは少し(だいぶ?)違いますが、とても魅力的な皆さんでした。

 いちばん年上の小澤さんが1988年生まれで、わたしのひとまわり下。ほかの皆さんは90年代生まれか!! と思うと、自分の年を思って愕然としますが……。

 マーベラスは海賊船の船長なので、それこそ豪快な男の役回りですが、演じる小澤亮太さんは、すらっとして爽やかな好青年。優しいお兄さんっぽい雰囲気の方でした。会場の反応にも目を配っている様子が、リーダーっぽかったです。

 クールな剣士のジョーを演じる山田裕貴さんは、なんだかいろいろおもしろかったです。挙動が。

 そもそも、劇中では黒いストレートの長髪を後ろでひとつに結んでいるのですが、実物の山田さんはそこまで髪が長くないので、ご本人の第一声は「えーと……誰だかわかりますか?」でした。わかりますわかります。ファンですから。

 デンジャラス・ビューティーで、お宝に目がない女海賊・ルカ。いちばん好きなのは彼女かもしれません。難しい役回りを、こよなく魅力的に演じている市道真央さんは、小柄で、とにかく可愛らしい方でした。舞台上でちょっと緊張している様子と、堂々として楽しそうな演技との違いにびっくりしますが、女優さんってすごい!とあらためて思いました。

 コミカルな役回りのハカセ、清水一希さんはグリーンのTシャツで登場。役柄もトリックスターですが、舞台挨拶のこのときもやはりムードメーカーでした。ハカセの役よりも、もう少し、しっかりしているように見えました。

 そして、失われた星の王女であるアイム役、小池唯さんは、実に、実に!! 美人さんでした。おっとりとした王女さまという役柄よりも、もう少し活発な印象でしたが、芯の強さやしっかりした感じは、やはりアイム役は小池さんでなくては、と思わせられるものでした。

 キャストの皆さんたちのトークに、うちの5歳児は笑いっぱなしでした。

 楽しい時間を、ほんとうにありがとうございました。

 TVシリーズの本編では、バスコという稀代の悪役、そしてゴーカイシルバーという追加戦士も登場し、ますますおもしろくなっています。これからも楽しみにしています。

 論文試験に向けて、最強のパワーをもらいました。

 派手にいくぜ!!