読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供語録

4歳

4歳半になりました。

Twitterに投稿しておいたものをもとに、語録を。

ごっこ遊びは続くよどこまでも2010年09月19日

4歳児「いらっしゃいませーいらっしゃいませー。絵本屋さんですよー(ぱんぱん)(←手を叩いている)」

私「くださいなー」

4歳児「なんさいですか?」

私「34さいですっ」

4歳児「この本がおすすめですよ」

私「いくらですか?」

4歳児「2せんひゃく5ひゃくえんです!」

たけーよ

おはなしもつくる(2010年07月09日)

子供による“かみしばい”

「あるひあるひの、むかしのことでした。もりのおくに、おひめさまと、おうじさまがすんでいました。」

「おひめさまは、いつも、まどのそとばかりみていました。おうじさまが、だめだというのに、いうことをきかないのです。」

「ひめ〜〜〜! おうじさまは、おひめさまを、もとにもどしました」

「でも、おひめさまは、おうじさまのいうことを、ちっともききません」

……それはなんですか。我が家の話ですか。

換骨奪胎2010年09月28日

4歳児の再話によるシンデレラ:

「おうじさまがシンデレラとばっかり、ぶどうかいでおどったので、ほかのおひめさまたちはおうじさまとおどれなくて、おうちにかえってしまい、おうじさまはぶどうかいがおうちなので、そのままごはんたべておふろにはいってはみがきをして、えほんをよんでねました」

 どうしても「ぶ“ど”うかい」になるのが幼児。

プリキュアブーム2010年10月13日

今日の4歳児。紙皿を2つ貼り合わせて、「キュアサンシャインがへんしんするときの、タンバリンだよ! うってるやつは、ふつうのひには、かわないんだもんね!」……いじらしい

 ほかにもいろいろとアイテムを自作してるのだけど、どうにもビンボーったらしい。

 トイレットペーパーの芯をつなげて「フラワータクト」とか。

片づけても片づけても2010年10月30日 2010年10月31日

ゼミから帰ったら、家の中に足の踏み場がなくなっており、得意満面の子供が「いま、どろぼうさんのおうちごっこ、してんの!」…いや、どろぼうだって自分の家は片付けてんじゃないのかな。

縫い目のほころびたクッションを「ここんとこぬってー」と持ってきた子供が、「あ、やっぱいいや、このままで」と持っていったので、なんでだろうと思っていたら、中綿をすべてほじくりだして、「わたあめやさん」を盛大にオープンしていた。

 行動力と想像力の成長とともに、散らかり方のスケールも無限上昇中。