#kodomo 語録

Twitterでは、つぶやきにタグをつけて、話題を共有することができます(ハッシュタグ)。

こども関連の話題を共有したいな、と思ってつくったのが「#kodomo」。瞬く間に広まって、嬉しいかぎり。

育児中のお父さんお母さんたちがつぶやく、ちょっとした子供のことばや行動、それにまつわる親御さんたちの思いを見るのが好きです。

その中で、私がつぶやいたものを拾い出して、思い返してみます。

親切心……?2009年09月19日

みかんを2つもってきて「おいしそうなほう、ままにあげるね」とくれたので、喜んで皮をむいたら、「じゃあ、むすめちゃんのと、こうかんこうかん、しよっか!」

このほかに、「むすめちゃんが、そのおにもつ、もってあげる! (荷物をもって)じゃ、だっこして!」というバージョンの親切もあります。

おねえさんふう2009年10月05日

娘と遊びながら「ちょっとお鍋見てくる」と立ち上がったら、「ん? ついてってあげようか? これであんしんだよ。むすめちゃん、まだとちゅうなんだけどね」と、えらいこと恩を着せられた。つーか一人で遊んでくれればいちばん恩に着ますが。

園では、わりとおねえさん役を買って出ることが多い娘ですが、家ではとても甘えんぼう。

おねえさん意識と幼児の気持ちが絶妙に混ざった振る舞いが楽しいです。

生命力2009年11月26日

家に帰ってみたら、「クリスマスになったらね」という約束だったはずのトーマスの缶入りおもちゃを振りかざした娘が、「くりすますのまえに、ぱぱにかってもらったー!」と、満面の笑顔で出迎えてくれた。交渉相手をよく知っておるな。

ママに叱られたらパパに、パパがいないときはママに、それでもダメなときはおばあちゃんやおじいちゃんに、と使い分けています。

あちこちに逃げ場があるのはいいことだ、とありがたく思っています。

想像力…なのか?2009年12月05日

子供が新聞を切り刻んだものを使って「とーますのかみしばい」をしてくれたのだが、「すると、つぎのあさ、いちばんせんに、しんじゅくゆきがまいりました」とか「そして、えみりーは、とーますにとびかかりました」とか、やたらとカオスなストーリー展開であった。

ぶつぶつ言いながら遊んでいるときというのは、たいてい突拍子もない「むすめちゃんワールド」が展開されているので、楽しみに待ち構えているのですが、大人が聞き耳を立てると、なかなか聞かせてくれません。

シンガーソングライター2009年12月19日

ゆず湯用のゆずを手に持って、自作の歌をひとくさり披露したあと「もっかいききたい?」と言うので、ぜひお願いしますとリクエストしたところ、「ゆーずちゃん♪……いっかいでおしまいにします」……再現できなかったらしい。

好き勝手な歌をつくって歌うのもお得意。

商売人2009年12月27日

食べていたいちごの最後の1個を落としてしまった子供。「いちごない!」「なんでなくなったのかな?」「あのね、いっこ、おとしちゃったから(上目遣いで)」「ほほう。それで?(にやにや)」「くーだーさい!」「いくつ?」「みっつ!!」……増えとるがな。

これは、「いくつ?」と聞いた私が甘かった。

言われてみれば2010年01月10日

子供のほっぺを「すべすべで気持ちいいねー」とむにむにしていたら、「どろだんごみたい?」と言われた。

確かにどろだんごはすべすべのむにむにですな。

ときには詩人2010年02月01日

「ゆきがおにごっこしてるね!」

東京で、今シーズン初の積雪が見られた日、窓から降りしきる雪を見ながら、こんなことを言っていました。

上野動物園2010年02月07日

「ママ、見える? あそこにいるよ。あのメロンパンみたいなやつ!」見えます見えます、アルマジロのお尻が。

33年間生きてきましたが、アルマジロのお尻をメロンパンにたとえた人には初めて出会いました。