読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル「鳩カフェ」に応募してみました

つぶやき

 鳩山総理が、民間の声を直接聞く「リアル鳩カフェ」を開催されるとのこと(第1回リアル鳩カフェについて)で、応募してみました。

 第一回は、これからの日本を担う子どもたちの育つ環境などについての「子育てカフェ」だそうです。

 所定の質問事項については、以下のようにお答えするメールをお送りしました。

⑩以下の質問事項への回答(それぞれ140字以内)

Ⅰ 今、子どもを育てていて、幸せだと感じることは何ですか?

一人の「ひと」の成長に日々立ち会えることです。そして、喜びや悲しみやいらだちを共に分かち合い、楽しんだり、乗り越えたりする経験を家族で共有していけることが、何気ないようですが、幸せだと感じています。

Ⅱ 毎日の生活で一番の課題だと考えることは何ですか?

時間と心のやりくりです。今般の不況下、仕事に精一杯の時間及び精神的リソースを割く必要がありますが、それと同じかそれ以上のリソースを、成長期の子供にも割く必要があるため、優先順位のつけ方に日々苦慮しています。いろいろな意味で、ゆとりや溜めのある生活をしたいと思っています。

Ⅲ 今、一番関心のあるニュースは何ですか?

教育に関する公的費用の配分です。自分の子供が安穏に成長していけるだけでは、将来への不安はぬぐえません。子供がいずれ机を並べるはずのすべての子供が、平等に教育を受ける権利を得られることが、将来の社会の礎を築くことに重要であると考えています。

Ⅳ 日本がどんな国になったら良いと考えますか?

生まれや能力の特性によらず、すべての国民が自分の望むライフスタイルを手に入れ、そして互いを思いやり、助け合っていける国になってほしいと思います。嫉妬や恨みを原動力とするのではなく、希望を原動力とする国をつくっていきたいと考えます。

Ⅴ 鳩山総理に伝えたいことはありますか?

私は一人のワーキングマザーに過ぎません。ロールモデルとして取り上げられるような華々しい経歴をもつわけでもありませんが、大多数の日本の共働き家庭とおなじく、ときに嘆き、ときに喜びながら、子供と社会について、それぞれの立場で考え、働きかけていると思います。「土着の声」を是非お聞きいただきたいと思います。

Ⅵ どうして「鳩カフェ」に参加したいのですか?

先日の選挙で、日本を変えるには民主党に政権をお任せしなければと一票を投じた者として、政権交代後の貴党のご活躍を応援して参りました。自身、博士号(理学)を有する民間の人材として、科学技術政策と知材政策に関わる事業仕分けの議論にも参加いたしました(拙ブログ「科学と生活のイーハトーヴ」 ≫ 科学技術関連事業の仕分けについてhttp://bit.ly/1i5JpH)。ぜひとも鳩山総理と直接お目にかかり、そのご謦咳に接し、今、子育てにおいて働く親たちが直面している経験および実感の一端なりとも、ご参考までにお話しさせていただければと思っております。

なにとぞ、ご高配のほど、よろしくお願い申し上げます。

 私は、今の日本を変えるには政権交代が必要であったと考えていましたが、当然のことながら、野党に下った自民党の中にも、素晴らしい政治家の方は多くいらっしゃると思っています。

 しかし、今、国を動かす力をもっとも強く握っている方々に、お話し申し上げたいことはたくさんあります。

 あくまで私が望むのは、政党間の権力争いではなく、健全な政策論であることをご理解いただきたいと思います。

 私が取り上げていただけるかはともかく、総理(または現政権)の子育て政策について、直接お話されたいことがあるかたは、応募されてはいかがでしょうか。