読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろと

未分類

はてなハイクにメモしていたものなどから、小ネタ集。


《おくちの違い》

夕飯の一口カツを食べながら、

「ママ、これ、カバさんのおくちでたべて!」

「こっちは、ぞうさんのおくちでたべて!」

・・・どうやって演じ分けろと。


《お風呂上がり》

タオルを頭に巻いて

「おひなさまみたいー」

と、自分で悦に入っている。

「ママもして?」

とリクエストされたので、真似したら

「ママ、おだいじさま(=お内裏さま)みたい!」

・・・自分だけいい役じゃないか。


《巷に雨の降るごとく》

食事用エプロンを首に巻いてひとり遊び。

「このえぷろん、どーしよー」

「なんとかしないと」

「わー、あめ(=雨)がきちゃうー」

「どーしよーどーしよー」

状況はつかめないが、なにやら大変そうなことはわかった。


《コンコン》

娘:とうもろこしを指さして「これ、コーンだねー」

私:「そうだね。コーンだね」

娘:「コーンはきつねさんになるんだよ」

私:「きつねさんになるの?」

娘:「うん。このなかにきつねさんがねんねしてるの」


とうもろこしは、きつねのサナギだったのか!

発想が自由と言うべきか、 混線していると言うべきか。


《おえかき》

ぐじゃぐじゃーといたずら書きをして、

「なんだろう? これ」

と、自分でつぶやいている。


私「何だろうねえ」

娘「んーとねー、これはねー、しゃぴしゃぴ!」

私「・・・しゃぴしゃぴなの?」

娘「うん! しゃぴしゃぴだの!」

そうかそうか。なんか楽しそうだからいいや。


《さびしいときは》

夜中に眠りが浅くなったとき、ママの気配がしないと「ふえ~ん」となる娘。

昨夜も、なにやらもぞもぞしていたので、よしよし、と腕を伸ばしてやったところ、

「おてて、いらないの!」

と、きっぱり宣言して、そのまますーっと寝た。

ほんとは安心したくせに。このツンデレめ。(・・・と思いたい)


《脱力》

「せーの!」というかけ声が発音できなくて、「へーの!」になる。


《論理で人を動かす》

朝食の支度をしていたら、娘が起きてきた。

寝室の枕元に置いておいたストローマグをふりかざして、

「このおちゃちゃ、ふるいふるいから、あたらしいの、いれてくだしゃいっ!」


有無を言わせぬ説得力。