読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのかんさつ

未分類

日曜の午後、夫と娘と三人で、雨上がりの公園へ。

アスレチックなどで遊び、ベンチでひとやすみ。

おやつを食べながらふと見ると、ベンチの上にアリがうろちょろ。


私「アリさんに、おやつどうぞ、ってしてみようか」(←自分がやりたいだけ)

娘「うん! おやちゅ、どうじょ、しよう!」(←すぐノる人)


首尾よく、娘の卵ボーロをひとつせしめて、細かくくずし、アリの前に置いてみた。

アリは、「なんだ??」という表情で(正確には表情は見えないので雰囲気で)、しばし警戒して遠ざかったものの、やがて戻ってきた。

ボーロのかけらを顎でつついている様子だが、巣に持ち帰る様子もなく、かといって、その場から立ち去りもせずに、そのかけらをつつき回している。


夫「どうしたいんだろうね」

私「決断力のないヤツだ」


しばらくすると、もう少し大きい別のアリが数匹やってきた。

新しいアリは、菓子くずの山を見つけると、びくっとして、やはり一瞬腰が引けたようす。


私「やっぱりあれかな。圧倒的な幸せを目の前にすると、こわくなるのかな」

夫「・・・ママ、へんなこと言ってるねー」

娘「へんなのー」


その臆病者のアリも、ようやく菓子くずをつつきはじめた。

わりと大きめのかけらをかじっている様子。


娘「ありさん、もぐもぐ、してるねー」

夫「働きアリって、その場で餌を食べちゃってもいいわけ?」

私「バレなきゃいいんじゃない?・・・あ、なんか変なことしてる」


アリは、何を思ったか、両方の触角を前脚でごしごしこすりはじめた。


夫「汚れちゃったのかな」

私「わかった。これはね、人間で言うと、こういうことだ」


( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(゚Д゚≡゚д゚)


私「つまり、あまりの幸せに自分の目を疑ってるんだな、彼女は」

夫「ああそうか、人間だったら目をこするけど、アリは触角でものを見るから、触角をこすってるのか」


・・・納得する方もする方だが。


結局、そのアリくんたちは、ボーロにわっと群がって持って帰る、ということはしませんでした。

基本、肉食のアリだったのかも。