いろいろと

まずはこれ

毎日かあさん4 出戻り編
西原理恵子
毎日新聞社 (2007/07/20)
売り上げランキング: 2


シリーズ屈指の名作と言えましょう。

鴨ちゃんの最期には胸が詰まった。鴨ちゃんの気持ちを思っても、西原さんの気持ちを思っても、そしてお子さんたちの気持ちを思っても。


次に

かいじゅうたちのいるところ
モーリス・センダック じんぐう てるお 神宮 輝夫 Maurice Sendak
冨山房 (1975/01)
売り上げランキング: 6874


娘のお気に入り。

「か、か、」と言いながらこの本をもってきて、読めと言う。

私も大好きなので(そもそもセンダックが大好き)、ついつい読み聞かせにも熱が入る。


この本に限らず、絵本を読み出すと、思わず熱演してしまう癖がある。

病院の待合室で、娘に絵本を読んでやっていると、いつのまにかほかの子どもたちが寄ってきて、ギャラリーが増えていることも間々あり。

実は特技かもしれない。


最後はこれ。

白蓮れんれん (集英社文庫)
林 真理子
集英社 (2005/09)
売り上げランキング: 64203


林真理子さんは、やはり第一級の語り手なのだと思う。

ミカドの淑女(おんな) のような伝記小説は、そのうまさが際立つ。なんて力のある人なのだろうと思う。