初下痢

さきおとといから軟便気味だった娘、おとといの夕方から本格的に下痢。

というわけで、昨日は保育園お休み。


昨日は動かせない実験があったため、朝だけ仕事して、10時半には帰宅。

夫とバトンタッチして娘を病院へ。

保育園でも流行っているのだが、嘔吐下痢は地域全体で大流行らしい。小さい子は、嘔吐よりも下痢の症状の方が強く出るそう。

種々の薬のほか、おしりかぶれ用の軟膏ももらって帰る。


それでも、今朝以来、なんとか症状は治まっている模様。

いろいろ食べても平気になった。よかった~。


昨日は仕事帰りの母に寄ってもらい、洗濯等を手伝ってもらって大感謝。

ほんとは外勤予定だったのだが、結局課長に代わっていただくことに。私の責任。本当に申し訳ありませんでした。


実のところ、夫に病院へ連れていってもらい、その後保育編へ預けて、私が早めに迎えに行く。あるいは夫に家で午後まで見てもらい、そのあとは母に代わってもらう、という対策もするにはしておいたのだが、明らかに娘が私を必要としていることがわかったので、やむを得ず。

なんでわかったのだ、と聞かれると困るのですが、母の勘というのはあるものです。

月曜からの疲れている様子がいつもと違っていたことや、娘の表情の変化などを見ていて、あ、これは私が長時間離れてはいけない、と思ったというか。