今日も児童館

4歳だというAちゃん(女の子)が、我々親子を気に入ってくれて、娘もAちゃんを気に入ったらしい。


しかし、Aちゃんもまだまだ4歳。遊びに夢中になると、周りが見えなくなる様子。

やがて、足で蹴って進む車に乗って、大暴走を始めた。そのあとを、娘がてけてけとハイハイで追い回す。手など轢かれたら困るので、娘のあとを私が追いかける。

これがほんとの珍走団。ぱらりらぱらりら。


いいかげん大変なので、さりげなく娘をキッチンセットに誘導し、適当に遊び始めた。

ほどなく、車に飽きたAちゃんが「入れて~」とやってきた。10ヶ月児の遊びに入れてほしいとは、チャレンジャーですな。

やむなく、4歳児と0歳児を相手のおままごと、という難行に取り組む。


A:「じゃあ、りんごでつくってあげるね」

私:「お願いしまーす」

A:「りんごはこれでいいですか?」(おもちゃのりんごを手にして)

私:「もっと赤くて大きいのがいいなー」

A:「じゃ、これでつくりまーす」・・・とんとんとん。(包丁で切るマネ)

娘:「まんまー」

私:「そうね、まんまだね~。わあ、Aちゃんお料理上手!」

A:・・・ととととととととと。(すごい勢いでりんごを切り刻む)

娘:「まんまんまんまんまー」

私:「まんまおいしそうね~。さて、りんごで何ができるのかな?」

A:「?」

私:「そっか、そのまま食べさせてくれるのね」

A:「うん。はい、できました」

私:「わあ、おいしそう。ありがとう。もぐもぐもぐ」

娘:「まんまー」


こんな感じでずっと。その間、Aちゃんの真似っこしたがる娘を、さりげなく包丁(おもちゃだけど)から遠ざけたり、おもちゃを取らないように抑えたり。

Aちゃんのおばあさま、微笑ましげに見守っていらっしゃいましたが、もう少しヘルプしていただけると嬉しかったな、と。

乳幼児二人を相手にするのが、これほど大変だとは。二人以上お子さんのいるご両親、そして保育士さん方を、心から尊敬いたしますです、はい。

(でも、兄弟がいるとおもしろそうだな、とちょっと思った)