業績の連続性

会社に保育園決定の連絡をしたり、某データベースに登録してある研究者情報を更新したり。

職場復帰へ向けて、こまごました準備。


研究者情報は、学位を取る以前、2003年で更新が止まっており、なおかつ旧姓での登録のままだった。

IDやパスワードも届かなくなっていたので、運営組織に連絡して、個人認証の上、会社に送付してもらったのだ。

旧姓でも新姓でも検索できるように修正して、所属も更新、業績も(ささやかながら)追加。

これで、結婚前と結婚後で、研究社会における私のキャリアがつながった。


女性は、結婚すると姓が変わることが多い。

研究者の場合、以前の名前で検索に引っかかってこなくなるというのは、自分のキャリアをアピールする上で大きな障害になる。

論文を旧姓-新姓併記で書くというのは、ひとつの策。

そして、今回のようなデータベースのメンテナンスをサボらないと、きっといいことありそうな気がする。




人気blogランキングへ ←でも、貧弱な業績を増やしていくのが最優先課題。応援クリックお願いいたします☆