児童館へ行ってみた

天気は悪いが、車でぶぶーっと児童館まで。


西東京市は、田無市保谷市が合併してできた市なので、やたらと広い。

児童館はいくつかあるのだが、我が家はそのどこからも微妙に遠く、ちと面倒ではある。

ついでに、大きめの公園もいくつもあるのだが、やはりどこも微妙に遠いため、車移動になってしまう。


いちばん近いかな? と思われる児童館に行ってみたところ、幼稚園前くらいの子どもたちが何人か遊んでいた。

乳児を連れている人はゼロ。あれれ?と思っていたら、保育士さんらしきお姉さんが声をかけてくれた。

乳幼児イベントは、ちょうど昨日あったんだそうで、残念! 

しかし、とても丁寧に、市内児童館で乳児も参加できるイベントの日程を調べてくれた。また、各児童館の雰囲気(ここは乳児が多いですよ、とか、ここは土日もあるのでお父さんも行きやすい、とか)などなども教えてくれて、実にありがたし。

ついでに、少し娘と遊んでくれて、娘もにこにこきゃっきゃとご機嫌になった。もう大感謝!


お姉さんが気に入った娘、ひたすらにこにことラブラブ光線送りまくり。

「いつもこんなにご機嫌なんですか?」と聞かれたが、確かに、よく笑う子ではある。レジのおばちゃんにも笑う。テレビで上沼恵美子を見ても笑う。

あまりに人の笑顔を求めるのがいじらしくて、できるだけいろんな子どもや大人の笑顔と出会わせたくなってしまう。世の中には笑ってくれない人もいるけど、そのことをおぼえるのはもっともっと先で良い。


来週は育児相談があるので、ついでにプレイコーナーで遊んでこようっと。