おしゃべり期再来

一時期、娘の喃語が減っていたが、最近また増えた。しかもパワーアップして復帰。


母の回想によれば、私も赤ちゃんのときは、朝になると一人でぴーちくぱーちくおしゃべりしていて、「まるで小鳥のさえずりのようだった」そうだが、娘のはそんなに可愛らしいものではない。なんだか酔っ払いがクダを巻いているようである。


「んげあうあー」「んぐるぐげあいやー」

(ガ行はすべて鼻濁音)

などと複雑なことをしゃべり続け、時折

「んっぷふー」

と大きな息をつく。

しゃべっているうちにどんどん興奮してきて、しまいには感情の収拾がつかなくなって泣き出すあたりも、酔っ払い風味満点。


喃語が減っていた時期は、急に手でいろんなことができるようになっていた。その頃は、寝返り準備のようなエビ反りも休止していたように思う。

2日前くらいから、またエビ反り開始しているが、赤ちゃんの脳の発達というのは、ある程度順番みたいなものがあるんだろうか。よそのお子さんも、みんなそうなのかな?