お手手発見

さかんにこぶしをしゃぶっている娘。昨日あたりから、ちらちらとその手を眺めている様子だったのが、今日はじーっと見つめ始めた。

おお、これが噂の「ハンドリガード」であろうか。自分の手の存在に気づき、自分と出会う成長の証とされている。


しかし、もうずっと前から、音の出る起き上がりこぼしやボールをパンチしたり、おなかいっぱいになったらおっぱいを手で押しのけたり、と、けっこう手を使っているように見えたのだが。あれは自分の意志ではなかったのか?

後者は反射かもしれないが、前者は明らかに意志を持って手を動かしているような感じだった。

うーん。娘の脳の中では、どんな神経回路のつなぎかえが行われているんだろう。不思議。