果汁デビュー♪

最近、娘のよだれが急に増え出した。また、大人が飲み食いしているのを見ると口を動かすようにもなった(こっちは、ただ真似してるだけの可能性大)。

6ヶ月までは母乳・ミルク以外は与える必要ないとは聞くものの、初めての味にどんな顔をするだろう、という好奇心に負けて、本日果汁デビュー。


お白湯は嫌ってまったく飲まないので、ある程度甘みがあるほうがいいかと思い、ファースト果汁は桃(顆粒タイプのスティックを使いました)。

ご機嫌なところを見計らい、ビョルンのベビーシッターに座らせて、まずは私が大人用スプーンで「おいしいおいしい」して見せる。おお、やっぱり口をぺちゃぺちゃするねえ。

そしていよいよ、赤ちゃん用のスプーンでほんのちょっと、お口に滑り込ませる。眉を寄せて、なんともいえない顔をして味わいつつ・・・ぱぁっと笑った! 気に入ったようだ。たまたま来ていた母と一緒に大喜び。

結局何さじ飲んだだろう。与えれば与えるだけ、上手にごっくんする。


ちなみに、私も同じくらいの月齢で果汁を与えられて育ったそうであるが、甘いものはあまり食べないうわばみ酒飲みに育った。娘が甘い味をおぼえてしまうという弊害はないと信じる。