ねんねリサイタル

わりと寝つきのいい娘だが、眠りたくても眠れなくてぐずるときがある。

抱っこして、ただ歩き回るのもつまらないので(私が)、そんなときは知っている歌を片っ端から歌うことにしている。

童謡から唱歌からニューミュージックから、果ては演歌まで(古い歌は得意分野)。教育効果など、毛ほども考慮していない選曲。カラオケに行けない憂さ晴らしも兼ねて、「俺の歌を聴け~」状態。

今日も、ジャイアンに睨まれたのび太のごとく、娘はおとなしく眠ってしまった(失神したのか?)。


なんだか、このところ急に、娘が可愛くて可愛くて仕方なくなってしまった。

今までも可愛かったけど、「さらに倍」(古)。

なんでだろう?