どっちが先?

少しずつ氏名変更業務に手をつけているのだが、メールや論文で使う名前の書き方で新発見。

よく使う新姓を先にしてKunieda-Fujiiと書いていたら、I教授に旧姓の方を先にするものだと教わった。「入籍したことをしらない知人が名簿などに当たるときは当然Fujiiで引くでしょうから」だそうである。なるほどなるほど。


でもこれから知り合いになる人は、どっちが今の名前かわからないかもしれない(日本語の署名を見ればわかるんだけど)。

新姓の方を大文字にしてYukiko Fujii-KUNIEDA とするのはどうだろう。変かな。「私は結婚したんだぞ~」と得意げな感じもする(実際得意なんだけど)。

移行時期のみの悩みではあるのだが。


話は変わって、I教授にはほかにも教わったことがある。招待状を手渡ししたときに、「手渡しの招待状は糊付けしないものだ」と注意された。その場で開けやすいようにとのこと。

その後調べてみると、けっこう常識だったのね。お恥ずかしい。

「次からは気をつけます」と申し上げたら、隣にいた彼に叱られた。