今日の夢

目が覚める前のひととき、リアルかつ荒唐無稽な夢をよく見る。

香取慎吾くんと喫茶店でおしゃべりしているとか、灰色オオカミといっしょに森を探検しているとか。


今日は、中学生のころにお世話になっていた塾の国語の先生から、封筒が届いた夢を見た。

中身は、数枚の書類と授業のテキスト、写真、そして一冊の文庫本。


写真は何枚かあって、幼いころや大学の卒業式など、すべて私のものだった。雨の中で何かを見上げている高校生のころのものもあった。そんな写真を撮ったおぼえはないのに、文化祭のときだ、と夢を見ている私は直感した。

文庫本は、遠藤周作氏のエッセイ集。すでに持っているものだが、内容がまったく違う。

先生と遠藤氏が語っている内容から、次第に遠藤氏と遠藤氏ご自身の対話に移っていく。

目が覚めて、詳しい内容をおぼえていないことがとても悔しく思えたくらい、おもしろかった。


今日はMさんがZoological Conferenceで講演。

駒場に行ったIくん、Aくん、RIセンターのS嬢来る。軽く飲む。


Eくん、風邪にて腸炎とか。白い顔をしていて痛々しい。Iくんもしばらく休んでいる。心配。